危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 危険物取扱者乙四試験の概要 > 危険物取扱者とは


危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、危険物の性質や消火法、法規制などについての知識を持ち、危険物の貯蔵や取り扱いや、その指示ができる人のことをいいます。

製造所・貯蔵所・販売所など(タンクローリー、危険物を扱う工場、ガソリンスタンド)で危険物の取り扱いを行う場合は、必ず危険物取扱者自身が行うか、危険物取扱者が作業に立ち会わなければなりません。

危険物取扱者の資格は、甲種、乙種、丙種の三種類に分かれており、甲種は、第1類〜第6類すべての険物の取り扱いと立ち会いをすることができます。甲種については受験するのに一定の条件が設けられています。

乙種は、第1類〜第6類のうち自分が免状を持っている類の危険物の取り扱いと立ち会いをすることができ、受験資格は特にありません。

丙種については、ガソリンなどの指定された危険物の取り扱いのみができます。こちらについても受験資格は特にありません。

当サイトでは、乙種の中でもガソリンや軽油など取扱う事が多く人気の高い第4類(乙四)に関しての情報を提供していきます。



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type