危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 出題予想ランクBの項目 > 消火設備


消火設備

消火設備の種類と適応性

消火設備の種類は、危政令別表第5による第一種から第五種までの消火設備に区分されます。このうち第四種は大型消火器、また第五種は小型消火器や乾燥砂等をいいます。

各消化器の適応性については、危険物の種類や電気設備等の対象物の区分に応じて定められています。

消火の困難性

製造所等でどのような消化器を設置するかについては、その設備の消火の困難性に応じて原則として以下のように3つに区分されています。

区分1
著しく消火が困難と認められるもの・・・・(第一種、第二種又は第三種)+第四種+第五種

区分2
消火が困難と認められるもの・・・・第四種+第五種

区分3
区分1、2以外のもの(移動タンク貯蔵所を除く)・・・・第五種



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type