危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 出題予想ランクDの項目 > 屋外タンク貯蔵所の基準


屋外タンク貯蔵所の基準

(1)位置
・保安距離は、製造所等の基準を準用しています。

(2)構造
・屋外貯蔵タンクは、厚さ3.2mm以上の鋼板で造り、圧力タンクにおいては、最大常用圧力の1.5倍の圧力で10分間行う水圧試験に合格したものでなければいけません。

・屋外貯蔵タンクは、内圧が異常に高くなった場合に、内部のガス等を上部に放出出来る構造とする必要があります。

・屋外貯蔵タンクは、外面にさび止めのために塗装しなければなりません。

(3)設備
・圧力タンクには、安全装置、圧力タンク以外のタンクには通気管を設けなければいけません。

・液体の危険物の屋外貯蔵タンクには、危険物の量を自動的に表示する装置を設けなければなりません。

液体の危険物(二硫化炭素以外)の屋外貯蔵タンクの周囲には防油堤を設ける必要があります。(防油堤の容量は、タンク容量の110%以上とする)



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type