危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 基礎的な化学 > 化学変化と物理変化


化学変化と物理変化

化学変化とは、化合や分解により物質が本質を失って新しい性質を持った物質を生成する変化の事をいい、物理変化とは物質の本質には変化が起こらないで、状態や形などが変わることをいいます。

・化学変化の例
1.木炭が燃えて完全燃焼すると二酸化炭素になる。

2.鉄を空気中に放置させると赤さびが発生する。

3.水を電気分解すると水素と酸素に分かれる。

・物理変化の例
1.氷が溶けて水になる。

2.ドライアイスが二酸化炭素になる。

3.原油を蒸留して後疎林をつくる。



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type