危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 燃焼・消火 > 燃焼


燃焼

(1)燃焼の概要
燃焼とは、発熱を伴う激しい物質の化学反応のことをいい、発光現象を伴うことも多くあります。ただし、一般的には可燃物質と酸素の化合の内、発熱と発光を伴うものを指します。

(2)燃焼の3要素
物質が燃焼する為には、可燃物、酸素供給源、点火源の3つの要素が必要で、通常これらを燃焼の3要素と呼んでいます。

(3)可燃物
酸化されやすい物質は、可燃物になり得ますが、実際は酸化熱が小さいもの、吸熱反応をするものなどは可燃物とはいいません。

(4)酸素供給源
普通の燃焼の場合は、酸素は空気中から供給されます。空気中には約21%の酸素が存在しています。酸素の性質としては、

1.純粋なものは、無色・無臭・無味で空気よりわずかに比重が大きい

2.酸素自体は燃えないが支燃性がある

などがあげられます。

(5)点火源
点火源は、マッチなどの火気の他に電気火花や静電気火花、アークなどがあります。



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type