危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 燃焼・消火 > 燃焼の形態


燃焼の形態

(1)気体の燃焼
気体の燃焼に関しては、定常燃焼と非定常燃焼とに分けることができます。

(2)液体の燃焼
ガソリンやアルコールなどの可燃性液体については、液体そのものが燃えるのではなく、液面から蒸発する可燃性蒸気が空気と混合して、点火源によって燃焼します。これを蒸発燃焼といいます。

(3)固体の燃焼
固体の燃焼に関しては、以下分類と代表的な例を示します。

・表面燃焼・・・・木炭、コークス

・分解燃焼・・・・石炭、木材

・自己燃焼・・・・セルロイド、硫化綿

・蒸発燃焼・・・・硫黄、赤リン、ナフタリン



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type