危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 燃焼・消火 > 自然発火


自然発火

自然発火とは、物質が空気中で常温において自然に発熱して、その熱が長時間蓄積されることで、発火点に到達し燃焼が起こる現象のことをいいます。

たとえば、油のしみついたボロ布を蓄積しているときなどは、温度が上昇し熱が蓄積されることによって、発火点に至り発火します。

動植物油は、酸素と非常に結合しやすいので、酸化反応を起こして発熱しやすくなっています。

自然発火の機構としては、以下のような事項が考えられます。
・分解熱による発熱
酸化熱による発熱
・吸着熱による発熱
・微生物による発熱
・その他の原因による発熱



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type