危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 火災予防及び消火の方法 > 火災予防の方法


火災予防の方法

第4類危険物の共通する火災予防の方法としては以下のような事項があげられます。

?火気、高温体の接近や加熱をさける。

?容器は密封して、冷所に貯蔵する

?容器に収納するときは満杯にせず若干の空間を残す。

?蒸気濃度を燃焼範囲の下限値以下にするため、通風、換気をよくする

?可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所では、火花を発生する機械や電気設備などを使用しないこと。

?危険物の流動、注入時など静電気が発生する恐れのあるときは、接地や流速の制限など、有効な静電気防止対策を行うこと。

?河川、下水溝又は海などに流出させないこと

?有毒ガスを発生するものもあるので取扱に注意すること。



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type