危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 危険物の性質 > 動植物油類


動植物油類

動植物油類 (指定数量 10000L)

定義
-1.品種指定
引火点250℃未満の動物の脂肉等又は植物の種子、果肉から抽出した液体で、一定の基準又は容器に常温で貯蔵、保管されているものを除く。

形状・性質・危険性
1.比重は1より小さくて、およそ0.9程度である

2.引火点は200〜250℃ぐらいである

3.水に溶けない

4.霧状になったもの若しくは布にしみ込んだものは着火しやすい

5.ボロ布などにしみ込んだものは、自然発火するものがある

6.蒸発しにくく、引火しにくいが一たん燃えると温度が高くなるため、消火が困難になる

動植物油の自然発火
1.油が空気中の酸素と化合するときに発生する熱が蓄積して、発火点に達し燃焼するもので、乾きやすい油ほど自然発火しやすくなります。

2.油の乾きやすさはヨウ素価で表されてます。ヨウ素価とは、脂肪100gに吸収されるヨウ素のグラム数のことで、ヨウ素価が大きいものほど酸素と化合しやすく、自然発火をおこしやすくなります。



サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type