危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 予想模擬問題 > 危険物乙四模擬試験 法令問11〜問15


危険物乙四模擬試験 法令問11〜問15

(問11)
次のうち第4種消火設備ははどれか。
屋外消火栓
小型消火器
粉末消火設備
大型消火器
スプリンクラー設備


(問12)
危険物の貯蔵及び取扱について、次のうちただしいのはどれか。
危険物を保護液中に保存する場合は、保護液から露出しないようにする
製造所等においてはいかなる場合も火気を使用してはいけない
製造所等においては、いかなる場合も関係者以外の者を出入りさせてはいけない
危険物のかすなどは1ヶ月に1回以上危険物の性質に応じて安全な場所及び方法で処理する
危険物を収納した容器を貯蔵し、又は取り扱う場合は、絶対に衝撃を加える等の粗暴な行為を行ってはならない。


(問13)
危険物の貯蔵の技術上の基準について、誤っているのはどれか。
屋内貯蔵所においては、容器に収納して貯蔵する危険物の温度が55℃を越えないように、必要な措置を講じなければならない
移動貯蔵タンクには、取り扱う危険物の類、品名及び最大数量を表示しなければならない
屋外貯蔵所において、危険物を収納した容器を架台で貯蔵する場合の貯蔵高さは10m以下でなければならない
原則として、類が異なる危険物を同時に貯蔵することはできない
屋外貯蔵所における危険物の貯蔵は、原則として基準に適合する容器に収納し、貯蔵しなければならない


(問14)
危険物の運搬について誤っているのはどれか。
指定数量以上の危険物を運搬する場合は、当該危険物に適応する消火設備を備えなければならない
個体の危険物は、内容積の98%以下の収納率で運搬容器に収納しなければならない
運搬容器は、収納口を上方に向けて積載しなければならない
指定数量未満の危険物の運搬においても、運搬に関する基準は適用される
運搬容器の材質は、鋼板、アルミニウム板、ブリキ板、ガラスなどと定められている


(問15)
製造所等の許可の取り消しに該当しないものはどれか。
施設を無許可で変更した場合
製造所の定期点検を実施しなかった場合
製造所の定期点検の記録を保存しなかった場合
一般取扱所の予防規定が変更されていなかった場合
完成検査を受けないで屋外貯蔵所を使用した場合

物理・化学編へ


解答へ




サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type