危険物取扱者乙4試験問題集 完全返金保証付き問題集!

危険物取扱者乙四試験合格への道 > 予想模擬問題 > 危険物乙四模擬試験 物理、化学偏問6〜問10


危険物乙四模擬試験 物理、化学偏問6〜問10

(問6)
次のうち、酸化反応でないものはどれか。
銅が空気中でさびる
炭素が燃焼して二酸化炭素になる
ドライアイスが気体になる
銅が加熱されて酸化銅になる
鉄が錆びてボロボロになる


(問7)
危険物の燃焼のしやすさとして、関係のないものはどれか。
発熱量が大きい
可燃物と酸素との結合力が大きい
燃焼範囲が広い
気化熱が大きい
含有水分が少ない


(問8)
物質の状態の変化に関する説明として、正しいものはどれか。
個体が直接気体に変わることを昇華という
一般に沸点より融点の方が高い
固体が液体に変わることを凝固という
液体が気体に変わることを融解という
沸点が100℃の物質は、80℃では気体である

(問9)
燃焼に関する説明で、誤っているものはどれか。
燃焼には、発光現象を伴うことも多くある
燃焼とは、発熱を伴う激しい物質の化学反応のことをいう
燃焼の三要素とは、可燃物、酸素供給源、点火源のことである
可燃物は空気がないと燃焼しない
点火源には、マッチなどの火気の他に電気火花や静電気火花、アークなどがある


(問10)
化学変化に該当しないものどれか。
鉄を空気中に放置させると赤さびが発生する
水を電気分解すると水素と酸素に分かれる
木炭が燃えて完全燃焼すると二酸化炭素になる
氷が溶けて水になる
ガソリンが燃焼して二酸化炭素と水蒸気が発生する

性質編へ


解答へ




サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type